恋愛エピソード

恋愛中って何を信じればいいのだろう

「好き」って言葉にしてくれるけれど、「本当に私のこと好きなの?」という態度の人と、
「もしかして私のこと好きなのかな」と思わせながら言葉にはしてくれない人、
どちらか選ぶとしたらどちらを選びますか?

 

大学時代、同じゼミに大好きだった人がいて、私は本当に好きだったのですが、うまくいきませんでした。

 

その人は優しいのですが、誰にでも優しいタイプ。
意地悪な言い方をすれば、「人に優しくするオレが好き」というタイプだったのかもしれません。

 

私と一緒にいる時楽しそうだったし、一緒によく飲んだし、誘われて一緒に遊びにも行きました。一緒にいっぱい笑って。
お腹すいたけれどお金がない・・・なんて時、「任せとけ」なんてごちそうしてくれちゃう人でした。

 

逆に「じゃあ今日は私がおごるよ」と言った時のぱあっと咲いたような笑顔も素敵でした。

 

これって脈アリなんだろうか・・・でも、こんなにスキスキオーラを出しているのに、それに対して何も言葉にしてくれないのは
やっぱりなんとも思っていないのだろうか・・・他の女の子とも、二人で飲んだり二人で出かけたりするのかな・・・

 

悶々とした日々を過ごしました。
結局、自分がその状況に耐えきれませんでした。

 

それから何年かして、共通の男友達と飲んだ時その話になり、
「私に対して、何の言葉も発してくれなかった」
ということをポツリといったところ、
「『好き』って言わせられなかったの?」と。

 

男友達からしたら、彼が私に対する態度を見て「あいつ、まんざらでもないと思ってたと思うよ」だそうでした。
・・・あの態度、あの雰囲気を信じられれば結果は違ったのかな。今でもそう思います。

 

時は流れ・・・職場で、なんとなく「この二人、実は付き合ってんじゃないの?」という雰囲気の男女がいます。

 

女性のほうは、特に意識している様子・・・いい子なだけにうまくいってほしいなと思っていました。
そんなある日のこと。

 

前の週末、職場の何人かで遊びに行って写真を撮ったのですが、その中に「その二人」が並んで写っているものがありました。

 

その距離感・・・言葉にしなくても、男性がその子のこと「同じ職場の人」以上に思っていることが伝わってくる・・・。
「態度にでる」ってこういうことなんだな、と改めて思うのでした。