恋愛エピソード

義理の母から結婚生活のアドバイス

私は幼い頃から父方の祖母と私の母との嫁姑問題を見て育ってきました。
私の父は末っ子長男で、祖母が父を溺愛し、祖母が母に辛く当たる場面を何回も見てきました。
私の父もマザコンで母を庇わず、子供ながらに母が可哀想で、私が祖母に何か言い返すと、母の躾が悪いと逆効果。
私の家は二世帯同居で1階が祖父母が住み、2階は私達の家族が住んでいましたが、祖母はしょっちゅう2階に上がり、
部屋が汚いなどのあら探しをし言いたい放題でした。私達子供部屋に勝手に入り、片付けと言い訳しつつ写真や日記を盗み見たりは当たり前。
祖母はきっと自分を女王様かなにかと思っているかのような振る舞いでした。当然私は祖母が大嫌い、私は兄弟の中で唯一の女で、父が私を可愛がるのも
気にくわない祖母は、親戚のおばさんも私を心配するくらいに私にも冷たく当たり始めました。兄弟で遊んでいても私だけ洗濯物を取り込め、畳め、部屋の掃除をしろ
などと言われ、兄達には何もしなくてもお小遣いをあげていました。そんな家に育ったからか、母からは長男とは絶対結婚しない方がいいと言われ、同居は絶対ダメ、
相手がどんなにいい人でもその人の両親にもしっかり会って良い人か確かめてから結婚しなさいと言われてきました。
そして私はその教えを守り、長男ではなく、同居もしなくてよい、お付き合いの段階でなるべく彼の家族と関わる機会を頂き、この義理の母なら大丈夫そうだと思い結婚しました。
そんな義理の母から最近、結婚生活のアドバイスを頂きました。仕事柄、休みが合わない私達夫婦ですが、それを主人が義理の母に伝えた所、1週間に1回でいいから一緒にいる
時間を作りなさい。2、3時間でもいい、ディナーでもいいし、ピクニックでもいいし、ソファーに座って話すだけでもいい、でもテレビは見ない、ただちゃんと二人でリラックスして話す、過ごす時間を持ちなさいと言われました。それを主人から聞いた時、小さい頃から見てきた嫁姑問題の記憶がわーっと頭を駆け巡り、泣いてしまいました。
こんな良い義理の母で良かった。そのアドバイスを参考にどんなに忙しくても夫婦の時間を持つようにしています。そしてこの事で感じた事は、自分で思ってた以上に祖母と母の嫁姑問題で嫌な思いをしていた事、家族のいざこざを見ながら育つのは嫌ですね。