恋愛エピソード

30歳目の前にして少々あせって結婚

今でこそ30歳以上の人たちの結婚は珍しいものではなくなってきています。バリバリと働く女性も増えたり、高齢の出産も最近ではあたりまえになりつつあるような気がします。まだまだ私の結婚した時代は25歳すぎるとクリスマスが過ぎてケーキが売れないように、女性も売れなくなるとか、30歳過ぎての結婚もまだまだ少ないような時代でした。
そんな時にお見合いサイトなども利用したこともあります。
そもそも女性が社会進出し始めたころなので、バリバリ働こうって人は少なく、就職イコール結婚までの腰掛程度にしか考えていない女性がそれまで多かった時代です。
私も就職は結婚までの腰掛程度にしか思っていなかったわけではありませんが、会社でバリバリ仕事をしていても女性はある程度の昇進までしか認められず、結婚後に仕事を続けようとする先輩に会社から色々圧力がかかり、結局どんな有能な女性の先輩でも辞めていってしまうような会社でした。結婚退職が一番いい辞め方のような古い時代の会社でした。私はちょうど28歳の頃に主人と仕事の関係で知り合い、1年の遠距離恋愛の末に結婚しました。田舎から都会への結婚だったので、もちろん会社は一番祝福してくれる結婚退社でした。周りの仲の良い仲間のなかで一番遅い29歳での結婚。私の父親も30歳すぎたらダメだちょうどよかったという感じでした。友達の中で一番最後ということもあり、29歳ということもあり、遠距離恋愛ということもあり色々すべてが重なり結婚に至ったような気がします。よく結婚はタイミングだよということを聞かされていましたが、、まさにすべて重なったような感じです。そのまま勢いに乗って結婚してしまいました。結婚前に相手に対して、ハテナと思うことも正直ありました。今考えたらきっと崖っぷち29歳でなかったら、いまの時代であったなら今の主人とは結婚しなかったかもしれません。結婚と同時に都会へ引越ししましたので、当然職を失いました。引越し先ではパートで事務職していましたが、また出産で辞めその後子育てに励みまた働きはじめたいと思った頃にはブランクがあり、特別なスキルを持っているわけでもなく、年齢もいってしまった私は再就職先もなかなか見つからず、皿洗いのバイトも落ちてしまうようなさんざんな就職活動になってしまいました。その後家の近くで製造のパートに就くことができ、働いていますが、私にとってこの結婚はあせりの末、失敗だったような気さえします。今から結婚する人に決してあせらず、じっくり選んだ人と幸せな結婚をして欲しいと思います。やり直せるものならやり直したいと思う今日この頃でした。